神経管閉鎖障害がなぜ危険なのか基礎から解説

神経管閉鎖障害というのは赤ちゃんに稀に起きることがある重い障害です。

神経管って何?という人向けに簡単に記載しておくと、脳と、運動系を司る脊髄の原型が入っている胎児の組織のことです。赤ちゃんは最初は板状の形をしています。板の端っこ同士が段々くっついていき形成されたものが神経管です。

このときに稀に完全に端と端がくっつかず、板の形状から管の形状へと変化しきらない状態が起きます。

こうして起きる障害を神経管閉鎖障害というのです。
神経管閉鎖障害は、その症状の出方によって大きく2つに分類できます。

神経管上部の閉鎖障害は無脳症と呼ばれます。

脳が神経管に守られないことになるので、この症状になった胎児はほとんどが死にます。

神経管の下のほうが閉じないと、運動神経を束ねる脊髄が外に露出してしまう二分脊椎症という障害が起きます。
二分脊椎症の場合は、運動を司る脊髄に障害が起きるので、体がうまく動かない先天障害に至ります。
神経管閉鎖障害はアメリカや中国などの研究で、妊娠前から葉酸を摂取すると発生しにくくなるエビデンスが確認されています。
厚生労働省も妊娠前からの1日400μgの葉酸摂取を推奨しています。

赤ん坊の先天障害の確率を減らすためにも、妊婦の方は葉酸摂取を意識しましょう。